日常に当たりまえにあるスマホ、秀逸なアプリを紹介

スマホアプリを紹介、男性に人気な音楽、ゲーム、写真等々。


朝から晩まで、仕事でもプライベートでもevernoteを使用しています。仕事ではタスクリストや出張日程や仕事の指摘事項のメモ、出張先のホテルのログをとったりしています。プライベートでは日記や自家用車の整備記録など、半年に1回くらいしか実施しないことで後々あれいつ頃やったっけ?ということを記録しておきます。また、文章作成でもどんな文章を作ったか記録するために使用しています。とても便利で手放せないアプリです。

ブック.jpg

このアプリは私にとって常に役に立っており、大変便利です。一つ目は仕事の情報を取得するのに使用しているHPのIDとパスワードの管理です。仕事の情報を取得するためのHPでは、IDとパスワードがないと先のページに進めないようになっているものが複数あります。その時は適当なIDとパスワードを使用(会社の規定で使い回しが禁止されています)して登録しますが、その類のHPは頻繁に訪問しないため登録したことすら忘れている場合があります。登録したときにevernoteにHPごとにIDとパスワードを記録しているので、急に出てきたID入力に対して、evernoteを検索してスムースに情報を得ています。

二つ目は私の仕事は複数のお客様とパラレルに商談を進行させていくので、似たような案件では同じ仕様書をちょい替えして使いたくなります。仕様書に対してevernoteのタグ機能を用いることで、どのお客様にどの仕様書を渡しているか管理し、お客様のカスタム要求も同様に管理して業務効率アップをしています。

似たようなアプリと比較してこのアプリが優れているのは、ユーザーインターフェイスがとても使いやすい点だと思います。ノートブックやノートの管理が一つのウインドウででき、階層を深くしても一目で見られます(PCのフォルダと同様のインターフェイス)。このためノートブックごとの管理が大変簡単で見やすいです。また、タグを付ける方法や検索方法などの作業が直感的に行えます。このアプリが他のアプリより多くの人に使用されている理由の一つだと思います。

相手の感情を数値化したり色付けして教えてくれるアプリがあったら、便利だと思います。仕事柄たくさんのお客様と商談を進めておりますが、お客様によってはこちらの提案をポーカーフェイスで聞いておられます。商談は製品の魅力だけでなく、キーパーソンの心をつかむことも大事な要件であり提案する側の必要スキルなので、喜怒哀楽を数値化して教えてくれるアプリがあったら同様業種の人間には受けると思います。人によっては有料でも入手したくなると思います。

お気に入りのアプリは、駅すぱあとです。主な利用目的は、買い物や旅行などでは電車で移動することが多く、移動中に経路や到着時刻が表示されるので、予定を立てやすいことです。このアプリは、電車以外の交通手段でも経路が検索できるのが好感持てます。しかも、経路検索など基本的な機能のみ使うだけなら、課金されない点も気に入っています。

時計.jpg

今月の中旬に、鉄道の日記念切符を利用して、東北から関西の旅に出かけてきました。しかしながら、関西はあまり土地勘がないので、途中で電車を乗り間違えたりしないか心配な点もありました。そこで役に立ったアプリは、駅すぱあとでした。

今回の旅は目的地が大阪で片道1,000kmの長丁場だったので、要所で休憩を取らないと体力的にもキツイ内容です。目的地までは、宇都宮・東京・小田原・豊橋など要所で途中下車しましたが、生まれて初めての愛知県豊橋では美味しいラーメンをいただけました。帰宅してから、豊橋をインターネットで調べたら、有名なラーメン店が多いエリアであることも知りました。しかしもう少し、予習してから出掛ければ良かったです。食べたくなるようなラーメンが多くあったので、次回関西に出かける時にも、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

駅すぱあとは、所要時間だけでなく駅間の距離も表示される点が何気に便利です。東京から熱海間は、過去に何度も訪れているので距離感が分かりますが、それより西は訪れたことがあまりなかったので、距離感を把握するのにも駅すぱあとが役に立ちました。

基本的な機能のみしか利用しないのであれば、お金が一切掛からないです。ですが、十分に役に立つなと感じる場面が多いです。例えば、新幹線を利用しないなどこだわり検索もできるので、使い勝手に優れています。それはパソコンでも、駅すぱあとを活用しているのがひとつの理由にあるかもしれません。

普段はそれよりもシンプルな駅から時刻表の乗り換えサイトを利用していますが、旅行などで経路を調べる時は駅すぱあとと使い分けしています。駅すぱあとが他と比べて優れていると感じる部分は、交通手段の選択筋が多い点です。これだけ多機能な乗り換えアプリは、駅すぱあと以外にありません。

旅行が趣味のひとつなので、それにちなんだお出かけ情報アプリがあると便利だと思います。お出かけ情報は、旅行雑誌やパソコンのサイトを利用することが多いですが、スマホではあまり利用していません。そもそも、お出かけ系のアプリがあまり普及していないのも理由にあります。休日に買いものなど、街に出かける時にお出かけ情報がもっと気軽に調べられる環境が整っていると嬉しいです。個人的には、温泉や温浴施設をテーマにしたアプリがあれば、旅の楽しみがもっと広まるかなと思っています。

他には旅先での地震などの災害が怖いので、災害対策のアプリを検索したところ藤川さんが作った「ポケットシェルター」というアプリを見つけました。地震でインターネットが繋がらなくなっても、緊急地震速報のアラームと同時に画面に周辺の避難所を表示し、高齢者などスマホに不慣れた方用に音声でも避難所まで案内してくれるのも便利だと思います。

駅探(乗換案内)を気に入っていて愛用しています。こちらのアプリは電車移動する際には必ず使用しています。仕事への通勤時間を調べるほか、就業中にクライアント先へ移動する際に乗り換え案内はもちろん、到着時刻を調べるのに役立っています。遅延などの情報も分かりやすく、別ルートも見やすいため迂回もスムーズに行えるところが気に入っています。プライベートでも上記のような利用はもちろん、待ち合わせをする際にスクリーンショットを撮って友人に送付することで文字入力する手間を省いて到着時刻を伝えるなどに役立っています。

ビル群.jpg

台風や地震などの天災が発生したときに職場から自宅へ帰宅するためのルート検索でとても役立ちました。現在東京の渋谷に勤務しておりますが、台風が直撃するとのことで帰宅命令が出たのですが、既に電車の運転見合わせが始まっており、通勤で使っているルートが使えなくなりました。検索結果のうち複数出ていた別ルートにて自宅を目指したのですが、その別ルートも途中で運転を見合わせてしまいました。

普段使わないルートであったことや、運転見合わせになった駅が初めて利用する駅だったのでどうやって帰宅をすれば良いのか分からなかったのですが、地図アプリで別の駅を検索し、バスで移動できることが判明しました。私が気に入っている駅探はバスの時刻なども簡単に検索できるので同様に調べ、無事に別の駅へ辿り着くことができました。到着した駅でも同様に検索をし、それらを繰り返していくことで無事に自宅へたどり着くことができました。帰宅難民が出ている中で自宅にたどり着けたのはこのアプリのお陰です。

とにかく動作がスムーズで、検索をかけたら瞬時に検索結果を表示してくれるのでとても助かります。電車での移動は事前に調べてから、調べた時間通りに行動することが多いのですが、突発的な検索も多々発生します。目の前に電車がきており、予定より一本速いが乗っても良いのだろうか、先に来る急行と後に来る快速ではどちらの方が早く着くのだろうかなど瞬時に答えが欲しい場面などがそれです。検索結果表示に時間がかかってしまうと乗れた電車を逃してしまったりするので当該アプリのスムーズな動作には感謝しています。

よく電車内、腹痛などで困ることがあるので沿線上のトイレの空き情報が分かるアプリがあると個人的にとても重宝します。特に朝の通勤時間帯はラッシュということもあり各駅のトイレは非常に混雑しています。直ぐに最寄りの駅でトイレに行くべきなのか、5分10分我慢して次の駅で行くべきなのかなど考えるのですが混雑状況が見えないのでどちらが早く済むのか毎回賭けとなります。出社の遅刻などにも絡んでくるのでこの賭けは結構切実な問題だったりしますので、そうした問題を解消してくれるアプリがあると非常に便利です。

アイフォンでスキャンがとれるアプリで、PDF等のデータでまとめることができます。仕事ですぐにデータを送りたいときや、外出先でスキャンをとるのが面倒なときに使用しています。仕事柄、図面や画像データでやりとりすることが多いので、打ち合わせのときにも、そのときのメモを関係者で共有するために使っています。仕事以外では使っていないので、写メよりも少し綺麗に送りたいときに使います。

デスク.jpg

カフェ等で仕事の打ち合わせを2,3人で行う際、そのときの内容をノートや図面等に書き込みます。一つの紙面に色々な人の意見をまとめていくことが多いので、その内容をその場で共有しておきたいことが多いです。あとで誰かにスキャンを頼んで配信してもらうのは面倒なので、アイフォンのアプリの写真でスキャンがとれるアプリを使ってその場で簡易的なスキャンを行い、関係者に配信することができます。すぐに簡単に撮れて、皆に配信できるところが便利です。

今の時代、メールでデータを送るのが当たり前になっていますが、お客さんとのやりとりはライン等のアプリで連絡を取り合うことが多いため、スマホから直接送れる方がむしろ便利だと感じます。パソコンのメールアドレス宛に転送して、送り直す作業がいらないからです。写真と連動して、PDF化できるのも便利なところだと思います。PDFでなくても良いのですが、複数の画像を一つにまとめられるのが便利で気に入っています。

スマホと連携しているので、スマホの写真をそのままスキャン加工してくれて、コピー機やスキャナーを購入する必要が無いのも大きなメリットだと思います。かつ、コピーをとる作業、データをパソコンへ移す作業、パソコンからメールでデータを送る作業、の全てがいらなくなることも便利です。写メではあまりに生々しいときにスキャンっぽく読みやすくなってデータも軽くなり、スマホひとつで完結するところが良いです。

このスマホでスキャンをとるアプリに画像の加工機能をプラスしてほしいという希望があります。というよりも画像の加工系でひとつにまとめてほしいです。写真を加工するのはこのアプリ、書き込みをするのはこのアプリ、スキャンをとるのは、と色々なアプリを駆使しなければなりません。全てが手軽にひとつでできればそれにこしたことはありません。手軽に画像に書き込めるアプリは便利です。メモ書き等の機能が普及しているので、より一層の使いやすさを期待しています。

乗換NAVITIMEのアプリです。出発地から目的地までの所要時間検索は勿論、現時刻の各路線の運行状況や遅延の有無の確認や、運賃・通勤定期代の検索、また、終電を乗り過ごした時に代わりに乗る事が出来る路線の検索と、目的地までのタクシー料金概算値の確認にも使用しています。他、仕事上で従業員からの定期代申請額や出張旅費精算の申請額の正否確認、申請された使用路線が最も安価で適正な路線なのかどうか確認する際にも使用しています。

ビル群.jpg

通勤時に急な事故や天候悪化で使用電車が止まったり大幅な遅延が予想された時、すぐにその場で他に使用できる路線がないかを確認し、遅刻時間を減らす事が出来た時は非常に助かりました。電車の運行状況が瞬時に確認できるため、早めに出るべきか、使用路線を変更すべきか、とアプリを使用していなかった頃より早い段階で判断することが可能です。また、見知った土地であれば大体のタクシー代は予測できますが、初めて訪れる場所ではタクシーの適正な道順や大体の金額すら分からない時があります。その時に乗換NAVITIMEのアプリでタクシー料金を検索すると概算値が出てくるため、タクシーの運転手にこのくらいの金額で、と事前に提示して乗車することが可能でした。

他には、仕事で従業員の定期代の精算をしているのですが、極稀にではありますが通常使っている路線ではなく似た路線で、定期代が高くなるものを申請される時があります。その時にアプリで簡単に検索・確認ができるとすぐに対応が出来るため作業の効率化にも役立っています。

到着時刻や出発予定時刻での便検索は大体どの乗換検索アプリでも行う事が可能ですが、その時刻の次の便だと何時、その更に次の便だと何時、と表示させるには会員登録が必要な場合が多いと思います。ですが、乗換NAVITIMEでは入力時刻の3本前後を会員登録なしで表示させる事が出来るため、いちいち時刻を入れ直して再度検索する手間を省くことが可能です。また、動作も非常に安定しており、長年使っていますが立ち上げエラーが出た事も、動作が重くなった事もありません。その二点は非常に優れていると感じています。

以前使用していたAndroidでは付箋貼り付けアプリがあったのですが、iPhoneだとホーム画面に付箋を貼り付ける事が出来るアプリがないように思っています。メモアプリへの入力だと結局見忘れてしまったり、アラームをかけるのも外出先や会議中だと音が迷惑になることを危惧してしまい使用しづらいと感じています。大きいものではなく、ほんの小さなものでいいのですが付箋をホーム画面に貼り付けるようなアプリがiPhoneでもあればとても助かります。