スマホでもPCでもログを共有「evernote」

スマホアプリを紹介、男性に人気な音楽、ゲーム、写真等々。


仕事でもプライベートでも使用できる「evernote」

朝から晩まで、仕事でもプライベートでもevernoteを使用しています。仕事ではタスクリストや出張日程や仕事の指摘事項のメモ、出張先のホテルのログをとったりしています。プライベートでは日記や自家用車の整備記録など、半年に1回くらいしか実施しないことで後々あれいつ頃やったっけ?ということを記録しておきます。また、文章作成でもどんな文章を作ったか記録するために使用しています。とても便利で手放せないアプリです。

ブック.jpg

このアプリは私にとって常に役に立っており、大変便利です。一つ目は仕事の情報を取得するのに使用しているHPのIDとパスワードの管理です。仕事の情報を取得するためのHPでは、IDとパスワードがないと先のページに進めないようになっているものが複数あります。その時は適当なIDとパスワードを使用(会社の規定で使い回しが禁止されています)して登録しますが、その類のHPは頻繁に訪問しないため登録したことすら忘れている場合があります。登録したときにevernoteにHPごとにIDとパスワードを記録しているので、急に出てきたID入力に対して、evernoteを検索してスムースに情報を得ています。

二つ目は私の仕事は複数のお客様とパラレルに商談を進行させていくので、似たような案件では同じ仕様書をちょい替えして使いたくなります。仕様書に対してevernoteのタグ機能を用いることで、どのお客様にどの仕様書を渡しているか管理し、お客様のカスタム要求も同様に管理して業務効率アップをしています。

似たようなアプリと比較してこのアプリが優れているのは、ユーザーインターフェイスがとても使いやすい点だと思います。ノートブックやノートの管理が一つのウインドウででき、階層を深くしても一目で見られます(PCのフォルダと同様のインターフェイス)。このためノートブックごとの管理が大変簡単で見やすいです。また、タグを付ける方法や検索方法などの作業が直感的に行えます。このアプリが他のアプリより多くの人に使用されている理由の一つだと思います。

相手の感情を数値化したり色付けして教えてくれるアプリがあったら、便利だと思います。仕事柄たくさんのお客様と商談を進めておりますが、お客様によってはこちらの提案をポーカーフェイスで聞いておられます。商談は製品の魅力だけでなく、キーパーソンの心をつかむことも大事な要件であり提案する側の必要スキルなので、喜怒哀楽を数値化して教えてくれるアプリがあったら同様業種の人間には受けると思います。人によっては有料でも入手したくなると思います。

Posted in